明治維新150周年記念「鹿児島(鶴丸)城跡現地説明会」を開催します

鹿児島(鶴丸)城跡現地説明会チラシ

県歴史資料センター黎明館敷地の一部となっている県指定史跡「鶴丸城跡」(昭和28年指定)においては、これまで、県が石垣保全のための修復やこれに伴う埋蔵文化財発掘調査を実施しているほか、鶴丸城御楼門建設協議会が御楼門建設に向けた取組を進めているところです。
石垣等の修復や発掘調査により明らかになった石垣や地下遺構の状況や、発掘調査の出土品等は、鹿児島の歴史や先人の高い技術等を窺い知ることのできる貴重な資料であり、また、今年は明治維新150周年の節目の年として、明治維新と深い関わりを持つ鹿児島の歴史・文化への関心を高める絶好の機会であることから、ぜひ多くの方々にご覧いただきたく、このたび現地説明会を開催いたします。

開催日時 平成30年2月24日(土) 14:00〜16:30
(小雨決行とします。天候によっては、雨具等をご用意ください。)
受付時間・場所 13:30〜15:30
県歴史資料センター黎明館正面玄関前
開催場所 県歴史資料センター黎明館
参加対象 どなたでも参加できます。
(参加費無料、事前申込み不要です。)
実施内容 鶴丸城跡内の御楼門部の石垣や周囲の排水溝跡、埋蔵文化財発掘調査箇所などに設定した説明ポイント(計5箇所)を参加者に巡っていただき、県立埋蔵文化財センターの文化財担当職員等が遺構等について説明します。
【説明ポイント】
(1)御楼門部枡形内(礎石,石垣(銃弾痕等))
(2)御楼門部天端部(石塁,排水溝跡)
(3)御角櫓跡周辺(庭園状遺構と御角櫓跡)
(4)御兵具所跡周辺(御兵具所と張番所跡)
(5)発掘調査遺物展示※黎明館内(1階ロビー)
各説明ポイントにおいて、30分間隔で説明を行います。
参加者は、自由に説明ポイントを巡り、説明を聞くことができます。
お問合せ先 総務部県民生活局生活・文化課楼門等建設推進室
〒890-8577鹿児島市鴨池新町10番1号
TEL:099-286-2506FAX:099-286-5537
【当日の問合せ先】
県歴史資料センター黎明館TEL:099-222-5404

詳しくは、鹿児島県ホームページをご覧ください。

鶴丸城御楼門「湧水町ケヤキ贈呈式及び伐採式」が開催されました

島津義弘公ゆかりの地湧水町から、樹齢100年以上もある町有林のケヤキ15本を無償譲渡していただくこととなり、平成29年12月4日、鶴丸城御楼門「湧水町ケヤキ贈呈式及び伐採式」が開催されました。

湧水町役場における贈呈式では、湧水町の池上町長からケヤキの目録を贈呈いただき、鶴丸城御楼門建設協議会を代表し、藤安委員からは感謝状を贈呈しました。そのあと、湧水町木場の町有林へ移動し、神事による作業の安全祈願後、町、御楼門建設協議会及び県議会議員などの出席者による鋸入れを執り行い、早速ケヤキ1本を伐採しました。

湧水町の皆様からの御支援・御協力に深く感謝を申し上げますとともに、御楼門を通じた御縁を感じるところであり、贈呈いただいた木は、大切に使わせていただきます。

開催日時 平成29年12月4日(月曜日)10時30分~12時00分
開催場所 (1)贈呈式:湧水町役場栗野庁舎第3会議室
(2)伐採式:湧水町町有林内(湧水町木場字屋敷段)
開催内容 【贈呈式】
(1)あいさつ
(湧水町、鶴丸城御楼門建設協議会)
(2)目録贈呈
(3)感謝状贈呈
目録の贈呈
ケヤキ目録の贈呈(左は湧水町
の池上町長,右は鶴丸城御楼門
建設協議会の藤安委員)
感謝状の贈呈
湧水町へ感謝状の贈呈

伐採式

(1)神事
(2)代表者による鋸(のこ)入れ
※伐採式終了後、引き続き、ケヤキの伐採作業を実施

神事 鋸入れ ケヤキの伐採作業 伐採されたケヤキ
伐採作業中の安全を祈願して、
神事の執り行い
池上町長と藤安委員による
鋸入れ
ケヤキの伐採作業

伐採されたケヤキ

詳しくは、鹿児島県ホームページをご覧ください。

鶴丸城御楼門「岐阜県産ケヤキ受領式」が開催されました

宝暦治水の偉業を縁に,本県と姉妹県盟約を結ぶ岐阜県では,関係市町などとともに,御楼門建設のために岐阜県産ケヤキを提供する「鹿児島県との友好の証プロジェクト」が進められてきました。

平成29年10月14日,岐阜県においてケヤキの贈呈を受け,このたび,本県においても同年10月21日に受領式が開催され,
プロジェクトへの感謝の意を表すとともに,県民の皆様にこのケヤキがお披露目されました。

 

詳しくは、鹿児島県ホームページをご覧ください。

昨年の岐阜県産ケヤキ提供の伐採式についてはこちら

鶴丸城御楼門建設工事の請負契約締結について

鶴丸城御楼門建設協議会では、御楼門建設工事の契約締結に向け、優先交渉権者に選定していた「江藤・丸久・宇都特定建設工事共同企業体」と平成29年9月28日付けで請負契約を締結しました。

 

請負契約締結について詳しくは、鹿児島県ホームページをご覧ください。

第4回 総会を開催しました

鶴丸城御楼門建設協議会 第4回総会 を開催いたしました。

 

平成29年4月27日 ホテルウェルビューかごしま2階 潮騒の間

 

 

総会の資料は、鹿児島県庁ホームページをご覧ください。

鹿児島県広報誌に特集記事が掲載されました

鹿児島県広報誌「県政かわら版」vol.142(平成29年2月号)に
御楼門の特集記事が掲載されました。

 

 

詳しくは、鹿児島県庁ホームページをご覧ください。

鹿児島(鶴丸)城跡における発掘調査・石垣修復現地説明会を開催

2016年12月3日、鹿児島(鶴丸)城跡における発掘調査・石垣修復現地説明会が開催されました

 

県歴史資料センター黎明館敷地の一部となっている県指定史跡「鶴丸城跡」(昭和28年指定)においては,現在,県により,御楼門部の石垣・排水溝等の修復工事並びに修復工事等に必要な埋蔵文化財発掘調査を実施しているほか,御楼門及び御角櫓の建設に向けた取組を進めているところです。
修復工事及び発掘調査により明らかになった石垣・排水溝の状況や発掘調査の出土品は,鹿児島の歴史や先人の高い技術等を窺い知ることのできる貴重な資料であることから,ぜひ多くの方々にご覧いただきたく,このたび現地説明会を開催しました。

 

(文:鹿児島県庁ホームページより抜粋)

 

詳しくは、鹿児島県ホームページ 『鹿児島(鶴丸)城跡における発掘調査・石垣修復現地説明会を開催しました』をご覧くださいませ。

鶴丸城御楼門の模型を設置しました

平成32年3月の完成を目指し,現在,官民一体となって必要な取組を進めている鶴丸城御楼門の建設について,
県民の皆様への周知及び建設に向けた機運醸成を図るため,県庁舎1階エントランスホール(エスカレーター横)に,鶴丸城御楼門の模型を設置しました。

(文:鹿児島県庁ホームページより抜粋)

 

 詳しくは鹿児島県ホームページ 『鶴丸城御楼門の模型を設置しました』をご覧くださいませ。

 

 

御楼門建設に必要な木材の確保について

御楼門の特徴からも,建設に必要となる大径木は一般市場に流通していないことから,
鹿児島県内外の現地調査等により広く情報を収集するため,鹿児島県木材協同組合連合会に調査業務を委託し,
平成27年8月にその結果をとりまとめました。

この調査結果を踏まえた調達方針等に基づき,これまで,確保に向けた取組や情報収集を行っています。

 

また,鹿児島県ホームページや鹿児島県広報誌による募集,新聞報道等を通じて,鹿児島県民の皆様から木材提供のお申し出や情報を多数いただきました。
提供の申し出をいただいた木については,専門家による現地調査を実施し,その結果や設計条件などから,活用の可能性を判断させていただいたところです。

提供のお申し出,情報をお寄せいただいた皆様,誠にありがとうございました。

 

詳しくは鹿児島県ホームページ 『鶴丸城御楼門の建設に必要な大径木の確保』についてをご覧くださいませ。

「鶴丸城御楼門建設に向けて!」テレビ放映されました

KTS鹿児島テレビ放送にて、鶴丸城御楼門建設について放映されました。
鶴丸城御楼門建設の意義やこれまでの取組内容とともに、現在の取組状況などが紹介されました。

 

KTS鹿児島テレビ放送「ピックアップかごしま」
放送日時 7月16日(土)午後5時25分~午後5時30分
       (再放送:7月19日(火)深夜1時35分~1時40分)
タイトル 「鶴丸城御楼門建設に向けて!」

 

KTSホームページ内の「ピックアップかごしま」にて、動画をご覧頂けます!
http://www.kts-tv.co.jp/blog/pickupkagoshima/23869/
(平成29年7月15日まで掲載)

このページのTOPへ