御楼門建設に必要な木材の確保について

御楼門の特徴からも,建設に必要となる大径木は一般市場に流通していないことから,
鹿児島県内外の現地調査等により広く情報を収集するため,鹿児島県木材協同組合連合会に調査業務を委託し,
平成27年8月にその結果をとりまとめました。

この調査結果を踏まえた調達方針等に基づき,これまで,確保に向けた取組や情報収集を行っています。

 

また,鹿児島県ホームページや鹿児島県広報誌による募集,新聞報道等を通じて,鹿児島県民の皆様から木材提供のお申し出や情報を多数いただきました。
提供の申し出をいただいた木については,専門家による現地調査を実施し,その結果や設計条件などから,活用の可能性を判断させていただいたところです。

提供のお申し出,情報をお寄せいただいた皆様,誠にありがとうございました。

 

詳しくは鹿児島県ホームページ 『鶴丸城御楼門の建設に必要な大径木の確保』についてをご覧くださいませ。

このページのTOPへ