鶴丸城御楼門建設工事に係る見学者通路の供用終了について

御楼門建設工事においては,完成に向けた機運醸成を図るため,
昨年7月,工事の様子を間近で見ることができる仮設の見学者通路を設置し,
これまで,県民や観光客の皆様に利用していただいているところです。


工事は計画どおり進捗しており,今後,見学者通路を撤去する必要が生じることから,
令和2年1月21日(火)をもって当該通路の供用を終了しますので,お知らせします。


【参考】
見学者通路の利用は,黎明館の開館日・開館時間内となります。
・供用終了までの期間において,見学者通路が利用できない日
令和2年1月14日(火),20日(月)
※ 黎明館休館日:毎週月曜日(祝日の場合,その翌日)
・黎明館の開館時間9時~18時

鶴丸城御楼門建設『瓦記名会』(第2弾・海鼠瓦)開催のご案内について

 

このたび、完成に向けた機運醸成を図るとともに、県民の皆様に御楼門への愛着を持っていただくため、建設で使用する瓦の記名会(第2弾・海鼠瓦(なまこがわら))を開催します。

今回が最後の機会となりますので,ぜひご参加ください。

今回の記名会では,後日,ご参加の皆様に記名いただいた瓦の使用箇所をお知らせいたします。

 

ご自分・ご家族のお名前やメッセージを御楼門・未来に残しませんか?

 

 

pdf『瓦記名会』参加者募集チラシ800.4 KB

詳しくは、鹿児島県ホームページをご覧ください

鶴丸城御楼門建設工事上棟式等の開催について

以下のとおり開催しますので,お知らせします

日時 令和元年7月29日(月) 15:30~17:30
※ 雨天決行(荒天の場合は延期)
場所 県歴史資料センター黎明館敷地内(上棟式会場)
主催者
  • 鶴丸城御楼門建設協議会
  • 江藤・丸久・宇都特定建設工事共同企業体
主な出席者
  • 鶴丸城御楼門建設協議会関係者
  • 県議会議員
  • 鶴丸城御楼門復元実行委員会(経済団体)関係者
  • 関係機関
  • 工事関係者(監理者,施工者)

御楼門全景シートのライトアップが開始されました。

 

御楼門全景シートのライトアップが開始されました。

詳しくはこちら

鶴丸城御楼門建設『瓦記名会』開催のご案内について

 

このたび、鶴丸城御楼門建設協議会においては、
完成に向けた機運醸成を図るとともに、
県民の皆様に御楼門への愛着を持っていただくため、
使用する瓦(平瓦)の記名会を開催します。

 

あなたやご家族のお名前、メッセージを御楼門・未来に残しませんか?

pdf『瓦記名会』参加者募集チラシ430.79 KB

詳しくは、鹿児島県ホームページをご覧ください

JVによる工事進捗特設サイト開設しました。

 

JVによる工事進捗特設サイト開設しました。

工事進捗特設サイト

寄付金追加募集の開始について

2020年3月の完成に向け,官民一体となって取り組んでいる鶴丸城御楼門の建設について,瓦の大きさや紋様・金物等の意匠など,建設内容の見直し等に伴い,事業費が増加することから,次のとおり建設への寄附金追加募集が開始されました。

御楼門は完成すると,高さ・幅ともに約20メートルもある国内最大級の武家門となり,県民や観光客から親しまれる,鹿児島の新しいシンボルとなることが期待されます。
御楼門建設の趣旨を御理解いただき,寄附金募集に御協力くださるようお願いします。

 

詳しくはこちらからご確認ください。

鶴丸城御楼門建設工事の安全祈願祭及び起工式の挙行について

 

2020年3月の完成を目指し、官民一体となって取り組んでいる鶴丸城御楼門の建設について、
平成30年9月からの現場での本格着工に伴い、下記のとおり工事の安全祈願祭及び起工式を挙行されます。

詳しくは、鹿児島県ホームページをご覧ください。

地元小学生による御楼門建設の壁土作り体験会を開催されました

 

御楼門の建設については平成29年9月に工事を発注し、これまで木材の調達や製材・乾燥,発掘調査の成果などを基に瓦の紋様の検討等を進めてきたところです。
いよいよ今年9月上旬に起工式を開催し仮設工事や基礎工事など現場での工事が本格化するのを前に鶴丸城や御楼門についての理解を深め、2020年3月の御楼門完成に向けた機運醸成を図るため、7月18日(水)、地元の名山小学校の児童を対象に御楼門2階の漆喰壁に使用する土作りの体験会が開催されました。

詳しくは、鹿児島県ホームページをご覧ください。

「鶴丸城 御楼門プロモーションビデオ」 贈呈

6月20日(水)、県内小中学校への「鶴丸城 御楼門プロモーションビデオ」贈呈式を行いました。

鶴丸城御楼門復元実行委員会においては、2020年3月の御楼門完成に向けた機運醸成を図るため、薩摩藩特有の外城制度に大きな役割を果たした薩摩街道(出水筋、大口筋、日向筋、谷山筋等)を紹介する、鶴丸城御楼門プロモーションビデオ(DVD)「すべての道は御楼門へ通ず」を制作いたしました。
明治維新150年に当たり、このDVDを県内小中学校、義務教育学校及び特別支援学校に贈呈することで、未来を担う子供たちに、本県の歴史について理解を深めてもらいたいと願っております。

 

御楼門PV贈呈

このページのTOPへ